読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨董品・アンティーク

骨董には夢があります。

自分では価値があると思っていたものでも、「全くの贋作で全く価値がないものだった、、。」と落胆したり、その逆に「実はものすごく価値ある一品だった!」など、一喜一憂するシーンをテレビ番組で多く見かけることがあります。

年を重ねるにつれ、骨董に興味を持つことで様々な歴史背景を学んだり、様式や作り、技法などを知ることで見分が広まったため、骨董の世界には感謝しています。

骨董仲間の話によると、名品や名作は意外なところに眠っているいうことは珍しい話ではないようです。

例えばその時の持ち主が大切にしていた名高い壺でさえ、興味がない人がみたら場合、ただのガラクタにしか見えないという可能性もなくはありません。仮にその持ち主が亡くなったとして、親族がその価値を見出すことがなく、倉庫に眠らせたままにしておいたり、リサイクルショップのようなところに流出させてしまうことだって珍しくはありません。

そんなことに思いを馳せながら、リサイクルショップや骨董屋を覗いてみると思わぬお宝に出会うこともきっとあることでしょう。

そういった物に出会えた喜びを一度知ってしまうと、ますます骨董の魅力に引き込まれていきます。