読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵画の買取について

絵画の場合、良い作品は良い額に入っていると思ってよいでしょう。作家物や年代物、価値があると大事にされてきたものは、立派に額装がされているものです。
また、作家を証明するサインや証明書の有無もその絵の持つ価値を左右することでしょう。
そして、それは一点ものなのか、枚数が刷られているものなのか、はたまた限定品なのか、といったいくつかの抑えるポイントがあります。

また絵画にも作家が直で描いた肉筆や、石版画(リトグラフ)、銅版画(エッチング)、シルクスクリーンなど様々な種類があります。

パッと見て価値の判断をすることは高い能力が要求されます。

絵画の良し悪しを判断する能力を高めるのは、第一に「良い作品にたくさん触れる」ということです。
最初のうちは、自分が好きなものは、重厚感のある油絵のような技法なのか、近代的な絵画なのが、またはポップアートのような作品なのかを考えて深堀していくジャンルを絞ってみて、様々なアーティストや作家の展覧会や作品展に足を運んでみることがよいでしょう。

自分自身で購入してみることも肌で感じることができるため審美眼を磨く近道です。

直観で見て自分で良いなと思うものを選んでみたり、信頼できる人から譲ってもらうというのもよいかと思います。